肉体改造と相性のいい食事

肉体改造をするのに食事がおざなりでは意味がない。

極端な例になるが、必死になって筋トレをしてもジャンクフードばかりを食べていては体はたるんだままだし、ペニス増大に励んでもカップ麺を毎日食べているようでは貧相なペニスから抜け出すことはできない。
逆に筋トレの量が足りなかったり、ペニスのサイズアップの質が悪くても考え抜かれた食事を食べ続けていれば予想以上に良い結果が出ることだって珍しくない。
一流のアスリートは必ず食事にも気を遣っているし、評判の良いジムだとフードアドバイザーの指導を受けることもある。
それほど食事と肉体改造は深い関係にあるのだ。

しかし、バランスのいい食事が筋トレに良いことは知っていても、それを毎日食べ続けるというのはなかなかどうして難しい。

普段台所に立つことがない男性はもちろん、料理スキルがあっても仕事のせいで調理する機会があまりない男性にも同じことが言える。
だからこそ、当サイトでは毎日ではなく毎週食べ続けるだけでも肉体改造に大きくいい影響を与えてくれる食材を3つ紹介するので、是非休日にはすすんで食べるようにしてほしい。

男を磨く食材はこの3つだ!

牡蠣

ペニス増大をねらうときに一番食べてほしいのが牡蠣だ。
なぜなら、牡蠣にはセックスミネラルと呼ばれるほど性機能を強化してくれる亜鉛がたくさん含まれているからだ。

また、この豊富な亜鉛だけが注目されがちだが、体の再成長(=ペニス増大)に欠かせない各種ミネラルやタンパク質も多く含まれているので、牡蠣を食べ続けるだけでペニスが大きくなりやすい身体づくりをすることができるという点も見逃せない。

鶏のささみ

ペニス増大に欠かせないのが牡蠣なら、筋トレに欠かせないのが鶏のささみだ。
そもそも、鶏肉自体が全部の部位が脂質が少ないのに高タンパクと筋トレに向いている。

特にささみは鶏肉の全部の部位の中でもっとも低脂質、低カロリー、高タンパク質と脂肪になりにくく筋肉にはなりやすいと最高の食材なのだ。
筋肉の成長に欠かせないアミノ酸も多めに含んでいるので、筋トレをした後に食べることで筋肉がつくスピードが速くなるということも見逃せない。

ほとんどの人が好きであろう卵料理。
レパートリーが豊富で、味も色々と好みに調整できるため毎日でも食べられるくらいだ。

実はこの卵料理は豊富な栄養素を含んでいるので筋トレともペニス増大とも相性が良い。
特にゆでたまごとして食べるとカロリーも抑えることができるため無駄な肉になりにくいので覚えておくことをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

タバコは男の魅力を上げる?下げる?

喫煙は肉体の劣化を早める!

煙草。
それは昔から男らしさを象徴するアイテムとして扱われてきた。
ハードボイルドな男や仕事ができそうな男のマストアイテムとして煙草が出てくるような映像作品が多いのはそのためだ。
男に深みを持たせてくれる、と思っている男性は多いし、一種の憧れを煙草に抱いている男性も多い。

つまり、男性としての魅力をあげるものとして煙草は扱われることが多いのだ。

しかし、当サイトではこの「タバコ=男性の魅力をあげるもの」という認識は間違っているものとして扱う。
厳密に言えばイメージだけでいうなら確かに煙草は良い男を演出することができるかもしれないし、そう思うこと自体は否定しない。

タバコが男の魅力を下げる理由!

しかし、現実問題として煙草は筋肉とペニスを劣化させてしまうので実際には男の魅力をさげてしまうのだ。

煙草と筋トレ

なぜ煙草を吸うと筋肉を劣化させてしまうのか。
それは煙草の煙は筋肉の回復を遅らせてしまうし、体の中に取り入れることのできる酸素の量を少なくしてしまうからだ。

筋トレをしても筋肉の回復が遅ければただいたずらに筋肉を傷つけるだけになってしまうし、酸素の量が少なければそもそも筋肉の肥大化にあまり期待できない。
このような理由があるから煙草と筋トレは相性が悪いと言えるのだ。

煙草とペニス増大

なぜ喫煙はペニスのサイズアップを邪魔してしまうのか。
それは煙草を吸うと体の血管を細くしてしまい、血流を悪くしてしまうからだ。

特にこの血流の悪化は毛細血管ほど影響を受けやすい。
そして、ペニスの血管は細く、精力剤などでその血管を太くすることがサイズアップの基本となる。
つまり、血管が細くなってしまうと精力剤を飲んでも食事を改善してもペニスの血流をなかなか良くすることができないのだ。
だからこそ、ペニス増大をするときに喫煙をおすすめしていないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

禁酒をして筋トレをすると効率アップ!

お酒と筋肉には意外なつながりがあった!

筋トレをした日はとにかくお腹が空いてしまうし、汗をかいてしまう。
そんな時、何が欲しくなるか。
それはお酒だ。
キンキンに冷えたビールを筋トレをしたあとに飲むという人は多い。
筋トレをして疲れた体を癒すという意味でも、火照った体を冷ますという意味でもビールはうってつけなのだ。

しかし、お酒の飲み過ぎというのはとにかく体に悪い影響を与える。
それは勿論、筋肉だって例外じゃない。
肉体改造をしているはずなのにお酒の飲み過ぎて肉体が劣化してしまう恐れだってあるのだ。

お酒が筋肉に与える悪影響を紹介するので、筋トレと飲酒が好きな人は是非覚えておいてほしい。

  • 筋肉の成長を邪魔してしまう
  • 内臓のオーバーワークを起こしてしまう
  • 皮膚がたるむので筋肉が大きくなってもわかりづらい
  • タンパク質(筋肉が成長するために必要!)の吸収を遅らせる

筋トレと禁酒は関係ない!

飲酒は筋トレにこのような悪影響があるのだ。

「えっ!? じゃあ筋トレをするなら禁酒しないとダメなのか?」

こう思ってしまう人もいるかもしれない。

しかし、お酒が筋肉に悪影響を与えるのはあくまで過度の飲酒をした場合の話であり、自制して節酒する分にはなんの問題もないことを付け加えておく。
ただし、筋トレをした日の飲酒は量を少なくすのるのはもちろん、つまみも少な目にすることを徹底することだ。

男性的な魅力を語るときに「お酒の似合う男」ということを挙げる女性は多い。
しかし、筋トレとお酒の相性は悪いということは覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

男性でもダイエットは必須!

痩せた体の男性の方が魅力的である

周りから魅力がないと思われている男性たちには色々な共通点がある。
中でも一番多くの人が挙げる魅力を下げる男性の特徴は「太っている」ということだ。

太っている男性は周りの人から敬遠されやすい。
もちろん、筋肉が大量についているのなら話は別だが、そうでなくただ脂肪が大量についている人に積極的にかかわろうとする人は少なくなってしまう。
メタボリックシンドロームの男性に「不潔」「不衛生」「自己管理ができていない」というイメージを持っている人は多いのだ。

「最近、お腹がぽっこりすることが多くなってきて……どうすればいいんだろう?」

このようにメタボな体型だと自覚していて危機感こそ覚えているものどうすればいいのか分からない人はいないだろうか。
そういう人はダイエットをするべきだ。

ダイエットは太りにくい体を手に入れること!

筋トレといわれるレベルまでしなくてもいいが、体を引き締めたいと思うのはむしろ男ととして正しい。
横腹やお尻についた余計な贅肉はシルエットラインをかっこ悪くしてしまうし、だらしない印象を与えてしまう。
もちろん、女性をドキッとさせる機会も必然的に少なくなってしまう。
だからこそ、太っていなくても常に「自分は絶対に太らないようにしないと」という意識でいることが好ましいのだ。

ダイエットをするときに一番心掛けておくべきことは何か。
正解は「太りにくい身体」を肉体改造で手に入れることだ。
太りにくい身体とは代謝能力が高い身体のことであり、脂肪の燃焼がスムーズに行われる体ならばダイエットに励む必要は最初からなくなる。

また、もし今太っていたとしても太りにくい身体にできたならばダイエットの効率は格段に良くなる。
この太りにくい身体を手に入れるためには、代謝能力を上げることを意識しよう。

具体的に言えばインナーマッスルを鍛えるのだ。
インナーマッスルは筋トレをせずとも日常生活の中で鍛えることができるので覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

男性ホルモンの分泌量をアップして筋トレ効果もアップ!

男性の魅力は男性ホルモンで決まる?

男性の肉体改造で一番のキモとなるのはやはり筋肉ではないだろうか。
割れた腹筋や半袖Tシャツからのぞく二の腕の筋肉は異性をドキッとさせるだけでなく、同じ性別の男性からも憧れを抱かれやすい。
このような多くの人を魅了するような筋肉を作るときに重要になってくるのが男性ホルモンだ。

また、男性の肉体改造といったら筋肉だけでなくペニスのサイズアップも含む。
筋肉で異性を惹きつけることができても、ペニスが貧相なら肝心のベッドシーンで相手をガッカリさせてしまうのだ。
こうならないためにもペニス増大も実践するのがモテる男の秘訣であり、ペニス増大の鍵となるのも男性ホルモンなのである。

他にも抜け毛や薄毛の改善にも男性ホルモンのバランスコントロールは大きく関わっており、ふさふさな髪の毛でいたいなら男性ホルモンの分泌量が少なすぎないことが絶対的な条件ということも付け加える。

つまり、男性の肉体改造と男性ホルモンは切っても切れない関係であり、言い換えれば男性ホルモンの分泌のコントロールができている人は男性的な魅力に溢れている人なのだ。

しかし、男性ホルモンはただ普通に過ごしている限りどんどん分泌量が減ってしまう。
20代を折り返したあたりでじょじょに男性ホルモンは分泌されなくなり、40代になるとガクッと分泌量が減ってしまうのだ。
何も意識せず、何も行動しないかぎり男性的な魅力は歳を重ねるごとになくなってしまう。
では、こうなることを防ぐためには何をすればいいか?
簡単だ。
男性ホルモンの分泌量を増やせばいいのだ。

男性ホルモンの分泌量を年齢に関係なく増やすための行動は主に2つある

精力剤を飲む

男性ホルモンの分泌される量を増やすのに一番てっとり早い行動は精力剤を飲む方法だ。
特にED改善効果や早漏改善効果に期待できるものほど男性ホルモンのバランスコントロール力が強いのでオススメする。
精力剤を飲み続けることで体を内側から若々しくすることができ、若々しい肉体というのは男性ホルモンの分泌量が自然と多くなるのだ。

食事の改善

毎日の食事を見直して、悪い部分を直すだけでも男性ホルモンの分泌量は大きく変わる。
偏った食事を続けていたり脂っこいものばかりを食べていると男性ホルモンの分泌量は減ってしまう。
そして、おくらやめかぶのようなネバネバ系の食べ物や牡蠣、赤身の魚をバランスよく食べると男性ホルモンの分泌量は増える。
これは料理をしない男性でも覚えておくことをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肉体改造を手術でする!?

整形で理想の自分を手に入れるということ

筋トレ、ダイエット、ペニス増大、育毛・発毛……すべて自分の手で行ってこそ達成感と実感がわくというのが理由で、肉体改造といえば日々の努力によって体つきを変えるものというイメージを持っている人はかなり多い。

しかし、その裏でもっと外科的・人工的な手段によって自分の体を理想のものへと作り変える選択をする男性も最近増えてきているのだ。

外科的・人工的な手段とは美容形成手術や整形手術と呼ばれる分野であり、正しい病院選び・医者選びとある程度高額なお金を払いさえすれば自分の望む体をほぼ確実に手に入れることができる。

たとえば、手術での肉体改造を選択するとペニス増大は自分が望む長さ・太さのペニスにすることができるし、発毛や育毛に励まずともフサフサの髪を手に入れることができる。
筋トレや自宅でのペニス増大は努力したとしても確実に結果が出る訳ではないが、手術はそういう訳ではないというのが最大の違いだ。

「なら、ほぼ確実に自分が求める結果が出るんだし、手術に頼った方が効率が良くないか?

確かにそう思う人もいるだろう。
しかし、楽して理想の自分になれるというメリットの裏にはそれ相応のデメリットがある。

肉体改造を手術ですることによる2つのデメリット

人工的な体に違和感がある

手術で作られた体やペニス、髪の毛は当然であるが人工物であることが多い。
作り物の髪の毛だったり、ペニスに詰め物をしたりすることで理想の体をすぐに作ることができるのだ。
そのため、当然と言えば当然だかどうしても違和感がある。

それも身体に馴染むのが遅いとずっとその違和感はぬぐえないのだ。
そのため、理想の体を手に入れたとしても本当の意味で見た目が良くなったと実感するのが難しいというデメリットがあるのだ。
また、人工的な体だから「卑怯」「ズルい」というようなネガティブイメージを抱かれることも珍しくない。

非常にお金がかかる

肉体改造を外科的に行うなら当然、手術をするのだが、その手術費用というのが他の筋トレ費用やペニス増大費用などと比べるとかなり高い。
手術は最低でも5桁の金額が必要になるし、良い手術を望むのであれば7桁の費用を必要とされるのも珍しい話ではないのだ。
さらに付け加えるのなら手術は1回で終わりではない。

手術して作り上げた体の維持をしたいのなら何度も通院して手術を受ける必要が出てくるのだ。
つまり、お金がいくらあっても足りないのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0