男性の魅力は男性ホルモンで決まる?

男性の肉体改造で一番のキモとなるのはやはり筋肉ではないだろうか。
割れた腹筋や半袖Tシャツからのぞく二の腕の筋肉は異性をドキッとさせるだけでなく、同じ性別の男性からも憧れを抱かれやすい。
このような多くの人を魅了するような筋肉を作るときに重要になってくるのが男性ホルモンだ。

また、男性の肉体改造といったら筋肉だけでなくペニスのサイズアップも含む。
筋肉で異性を惹きつけることができても、ペニスが貧相なら肝心のベッドシーンで相手をガッカリさせてしまうのだ。
こうならないためにもペニス増大も実践するのがモテる男の秘訣であり、ペニス増大の鍵となるのも男性ホルモンなのである。

他にも抜け毛や薄毛の改善にも男性ホルモンのバランスコントロールは大きく関わっており、ふさふさな髪の毛でいたいなら男性ホルモンの分泌量が少なすぎないことが絶対的な条件ということも付け加える。

つまり、男性の肉体改造と男性ホルモンは切っても切れない関係であり、言い換えれば男性ホルモンの分泌のコントロールができている人は男性的な魅力に溢れている人なのだ。

しかし、男性ホルモンはただ普通に過ごしている限りどんどん分泌量が減ってしまう。
20代を折り返したあたりでじょじょに男性ホルモンは分泌されなくなり、40代になるとガクッと分泌量が減ってしまうのだ。
何も意識せず、何も行動しないかぎり男性的な魅力は歳を重ねるごとになくなってしまう。
では、こうなることを防ぐためには何をすればいいか?
簡単だ。
男性ホルモンの分泌量を増やせばいいのだ。

男性ホルモンの分泌量を年齢に関係なく増やすための行動は主に2つある

精力剤を飲む

男性ホルモンの分泌される量を増やすのに一番てっとり早い行動は精力剤を飲む方法だ。
特にED改善効果や早漏改善効果に期待できるものほど男性ホルモンのバランスコントロール力が強いのでオススメする。
精力剤を飲み続けることで体を内側から若々しくすることができ、若々しい肉体というのは男性ホルモンの分泌量が自然と多くなるのだ。

食事の改善

毎日の食事を見直して、悪い部分を直すだけでも男性ホルモンの分泌量は大きく変わる。
偏った食事を続けていたり脂っこいものばかりを食べていると男性ホルモンの分泌量は減ってしまう。
そして、おくらやめかぶのようなネバネバ系の食べ物や牡蠣、赤身の魚をバランスよく食べると男性ホルモンの分泌量は増える。
これは料理をしない男性でも覚えておくことをオススメする。