肉体改造をするのに食事がおざなりでは意味がない。

極端な例になるが、必死になって筋トレをしてもジャンクフードばかりを食べていては体はたるんだままだし、ペニス増大に励んでもカップ麺を毎日食べているようでは貧相なペニスから抜け出すことはできない。
逆に筋トレの量が足りなかったり、ペニスのサイズアップの質が悪くても考え抜かれた食事を食べ続けていれば予想以上に良い結果が出ることだって珍しくない。
一流のアスリートは必ず食事にも気を遣っているし、評判の良いジムだとフードアドバイザーの指導を受けることもある。
それほど食事と肉体改造は深い関係にあるのだ。

しかし、バランスのいい食事が筋トレに良いことは知っていても、それを毎日食べ続けるというのはなかなかどうして難しい。

普段台所に立つことがない男性はもちろん、料理スキルがあっても仕事のせいで調理する機会があまりない男性にも同じことが言える。
だからこそ、当サイトでは毎日ではなく毎週食べ続けるだけでも肉体改造に大きくいい影響を与えてくれる食材を3つ紹介するので、是非休日にはすすんで食べるようにしてほしい。

男を磨く食材はこの3つだ!

牡蠣

ペニス増大をねらうときに一番食べてほしいのが牡蠣だ。
なぜなら、牡蠣にはセックスミネラルと呼ばれるほど性機能を強化してくれる亜鉛がたくさん含まれているからだ。

また、この豊富な亜鉛だけが注目されがちだが、体の再成長(=ペニス増大)に欠かせない各種ミネラルやタンパク質も多く含まれているので、牡蠣を食べ続けるだけでペニスが大きくなりやすい身体づくりをすることができるという点も見逃せない。

鶏のささみ

ペニス増大に欠かせないのが牡蠣なら、筋トレに欠かせないのが鶏のささみだ。
そもそも、鶏肉自体が全部の部位が脂質が少ないのに高タンパクと筋トレに向いている。

特にささみは鶏肉の全部の部位の中でもっとも低脂質、低カロリー、高タンパク質と脂肪になりにくく筋肉にはなりやすいと最高の食材なのだ。
筋肉の成長に欠かせないアミノ酸も多めに含んでいるので、筋トレをした後に食べることで筋肉がつくスピードが速くなるということも見逃せない。

ほとんどの人が好きであろう卵料理。
レパートリーが豊富で、味も色々と好みに調整できるため毎日でも食べられるくらいだ。

実はこの卵料理は豊富な栄養素を含んでいるので筋トレともペニス増大とも相性が良い。
特にゆでたまごとして食べるとカロリーも抑えることができるため無駄な肉になりにくいので覚えておくことをオススメする。