お酒と筋肉には意外なつながりがあった!

筋トレをした日はとにかくお腹が空いてしまうし、汗をかいてしまう。
そんな時、何が欲しくなるか。
それはお酒だ。
キンキンに冷えたビールを筋トレをしたあとに飲むという人は多い。
筋トレをして疲れた体を癒すという意味でも、火照った体を冷ますという意味でもビールはうってつけなのだ。

しかし、お酒の飲み過ぎというのはとにかく体に悪い影響を与える。
それは勿論、筋肉だって例外じゃない。
肉体改造をしているはずなのにお酒の飲み過ぎて肉体が劣化してしまう恐れだってあるのだ。

お酒が筋肉に与える悪影響を紹介するので、筋トレと飲酒が好きな人は是非覚えておいてほしい。

  • 筋肉の成長を邪魔してしまう
  • 内臓のオーバーワークを起こしてしまう
  • 皮膚がたるむので筋肉が大きくなってもわかりづらい
  • タンパク質(筋肉が成長するために必要!)の吸収を遅らせる

筋トレと禁酒は関係ない!

飲酒は筋トレにこのような悪影響があるのだ。

「えっ!? じゃあ筋トレをするなら禁酒しないとダメなのか?」

こう思ってしまう人もいるかもしれない。

しかし、お酒が筋肉に悪影響を与えるのはあくまで過度の飲酒をした場合の話であり、自制して節酒する分にはなんの問題もないことを付け加えておく。
ただし、筋トレをした日の飲酒は量を少なくすのるのはもちろん、つまみも少な目にすることを徹底することだ。

男性的な魅力を語るときに「お酒の似合う男」ということを挙げる女性は多い。
しかし、筋トレとお酒の相性は悪いということは覚えておこう。